コロンビア独立記念日

0

    この夏、野外フェス(、、、って言っても代々木公園とか都内の奴)づいてまして、中南米カリブフェス、ブラジルフェスに続いて、今回はコロンビア独立記念日。

     

    8.5@日比谷公園。炎天下。

    共通して言えるのは、観客はずっと踊ってるってことですが、特に今回は家族づれが多かったかな。

    お父さんが小さい娘と踊ってて、、、ああ、こうやって踊りを教わっていくんだな。

    息子の隣は明らかに日本人だな、、、どうやら、母親に初めて彼女を紹介しているらしい。

    あと、ステージ上で1曲終わると、すかざず観客エリア奥の方でリズムセッションが始まる。当然、ステージ上で次の曲が始まるとやめるのですが、鳴りものの音がフェイドアウトしていく様子がいかにも名残惜しそうで、面白い。

     

     

    帰り道、ちょうど、日比谷シャンテで「ブエナ・ヴィスタ・アディオス」やってたので、観て来ました。

     


    マラカトゥws

    0

      この日曜日、Maracatu Nação(ブラジル北東部ペルナンブーコ州のお祭りで練り歩く「連」のようなもの)のリズム・ワークショップに行って参りました。
      Sukiyaki meets the worldという、富山で今年28年目の、ワールド・ミュージックの祭典に参加するマラカトゥ・チームが主催しています。
       
      主にアルファイアという大太鼓を叩かせていただきました。
      右肩より提げて、左腰あたりに保持し、片面両手打ち。
      特に左手はバチを逆手に持って裏拳のように打つのですが、これがどうにも難しく、、、だいたいこんな角度も物を叩いたことがない、、、
      リズムの種類は8種類、基礎編の4種類は余裕だななんて思っていたのですが、応用編4種類に入った途端、容量オーバー、、、もっぱら隣の人を盗み見ながら必死でついていきました、、、
      しかし、大勢で大音量の太鼓を叩くのはなかなかの快感で、、、驚いたことに小さい子供や赤ん坊を連れて参加されてる方もいたのですが、しばらくするとこの子達、大音量の中、スヤスヤ眠りだすんですね!なるほど、不思議に気持ちいいんですね!
       
      というわけで、あと2回位はやらないと覚えきれん!Sukiyaki出張マラカトゥさん、またよろしくお願いします!


      ホッケとコンサーティーナ

      0

        4.19@池袋 手刀、無事終了しまして、写真はライブ前にみんなで食べたホッケとコンサーティーナ。

        コンサーティーナ⁉️
        そう、perc.小泉さんより、お祖父様の代から代々伝わるコンサーティーナをいただいたのでした❗️おそらく大正生まれ、かなりモダンな方だったと思われます。
        ドイツ製ですが、ちょっとチャイニーズな意匠。


        最近のお薦め第10弾

        0
          「いよいよ明日本番ってことでコード確認」
          なんてファイルを繰ってるとリハで出来かけて放ったらかしにされた譜面が山程出て来ます。
          「これどんな曲だったっけ?」
          と、練習脱線。

          譜面の端っこに当時の雑談で出て来たアーティストの名前が走り書きされてたりします。
          『ファーマーズ マーケット』
          誰が言ってたっけ?
          さらに、練習脱線。

          YouTubeで調べ始めたら、なんだこれ、バルカン半島かスカンジナビア半島かロシアか、スラブなソプラノサックス(?)が超高速で流れて来て、、、、すっかりはまってしまいました。
          ますます、練習脱線。

          誰が言ってたんだっけ?
          あ、そうだ、中野さん、、、




          1月24日天窓SWITCHチケット予約

          最近のお薦め第9弾

          0
            昨日稽古場に入るとタツヤさんがおもむろにギターを弾き歌を口ずさみ始めました。
            と、めいめいが音を奏で始めます。いつもの新曲が出来る瞬間です。
            「今回キューバだから。」
            というわけで、近日キューバな曲をお届け出来るでしょう。乞うご期待。

            キューバな曲?
            ってことで、今回のお薦めはCompay Segundo(コンパイ・セグンド)。
            80歳過ぎても、ハットに葉巻に白いエナメルの靴、たとえそれが自宅のリビングであっても。
            いまだに若い女の子を口説くけど、週に一回は奥さんに花を買って帰る。
            そんな感じ。


            ところで、明日(もう今日になりますね)のライブにはいつもと違うアコーディオン持って行きますよ。
            いつものは、Guerrini(ゲリーニ)。ここぞという時に必ず助けてくれる、僕がひそかに「嫁」と呼んでる楽器。
            明日のは、Cavagnolo(キャバニョロ)。なんと言うか・・・「愛人」って感じ。
            そんな音の違いなんかも楽しんでいただけたら面白いかな。

            というわけで、明日お待ちしております!!
             

            | 1/4PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM