今年のお盆も

0

    今年のお盆も恒例の志賀高原・横手山(標高2307m)ツアー、行って参りました。

    エルゲリ(スイス・シュビッツァ地方のダイアトニック・アコーディオン)及びアルプホルン(あの長〜いやつ(^_^;))奏者の今野玉枝さんとのデュオです。

     

    11年目、毎年、今年はこんな花が多かった、こんな虫が多かった、などなどご報告していますが、今回のテーマは重機❗️

     

    そう、山って、重機多いんですよ❗️ざっと見渡して20台位。いろんな作業、全部自力でやらないといけないんですね。(^_^;)


    コロンビア独立記念日

    0

      この夏、野外フェス(、、、って言っても代々木公園とか都内の奴)づいてまして、中南米カリブフェス、ブラジルフェスに続いて、今回はコロンビア独立記念日。

       

      8.5@日比谷公園。炎天下。

      共通して言えるのは、観客はずっと踊ってるってことですが、特に今回は家族づれが多かったかな。

      お父さんが小さい娘と踊ってて、、、ああ、こうやって踊りを教わっていくんだな。

      息子の隣は明らかに日本人だな、、、どうやら、母親に初めて彼女を紹介しているらしい。

      あと、ステージ上で1曲終わると、すかざず観客エリア奥の方でリズムセッションが始まる。当然、ステージ上で次の曲が始まるとやめるのですが、鳴りものの音がフェイドアウトしていく様子がいかにも名残惜しそうで、面白い。

       

       

      帰り道、ちょうど、日比谷シャンテで「ブエナ・ヴィスタ・アディオス」やってたので、観て来ました。

       


      8月も半分過ぎちゃった

      0

        なんか焦る。

        大人なのに。

         


        暦の上では

        0

          いつまで使うのか、そのフレーズ。

          と、長年思ってたんですけどね。

           

          まあ、暦とは言っても

          二十四節季をベースにした言い方なんだろうけど、

          地方によっては40度超えの酷暑の中で、

          白々しく「暦の上では秋ですが、まだまだ」とか言われるのって

          それこそ、殺意なんかがメラっっと燃え上がったりしないのかと。

           

          そしたら、やっぱりイラッとした人も

          居るところには、ちゃんといらっしゃったようで、

          気象協会さんもかつて、

          新しい二十四節気を創造する事を目標とした

          準備委員会を設けたことがあったそうです。

          2011年。

          でもなんだか、反対の声が多く寄せられたので

          計画中止になっちゃったんだって。

           

          いや、俺なんかそんな計画全然知らなかったよ?

          誰よ、反対の声って。

          あーでもな。

          なんかニュースなんかでも、待ってましたって

          感じで言い出しますよね。

          「暦の上では」

          奴らか。

           

          でも、個人的にそれ以上に我慢ならないのは

          日が暮れるのが毎日早くなってきてる。

          いや、毎年それこそ夏至から覚悟してるんだけどさ。

          夕方が早くなってくると、ああ秋が来る。

          そして冬が。

          ああもう凍死だとか。

           

          西へ西へ移動してやろうかとか、

          いっそ日の沈まない国へ行くかとか

          夢想したりもするんですが、

          考えてみたら日の沈まない国って、

          もれなく極寒なんじゃん。

           

          それはいやああだああ。

           


          本日初日

          0

            昨年、紀伊國屋ホールで上演された作品なんですが、

            今年は絵空箱というバーカウンターのある

            ちょっと面白い劇場に移って行われます。

             

            原作がそもそも

            主人公の経営するバーで進行する物語ですし、

            「いらっしゃい、私の店にようこそ」

            てな感じでしょうか。

            作品中に出てくるオリジナルカクテルも

            飲めるそうです。

             

            いなくなった猫の話

             

            主演は、最近では猫保護活動家としても有名というか、

            闘士のような風貌を帯びてらっしゃる気もしますが、

            杉本彩さんです。

            そんな方が、こんなタイトルの作品に

            熱入らないわけないだろうと。

             

            今回は二人芝居になってるんですが、

            相手役は相馬圭祐さん。

            個人的には「クロードと一緒に」の初演以来になりますけど

            才能あふれるとても素敵な役者さんです。

             

            俺も今年はオープニングテーマを

            リアレンジして作り直しました。

             

            あ。


            << | 2/46PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM